仕事の相性も数秘術でチェックできる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
仕事の相性も数秘術でチェックできる

仕事やプロジェクトについても数秘術を利用すると、その相性を判断できます

M&Aや転職をする時にもこうした数秘術の相性占いで、向いているかどうかを確かめられるので、どうしても転職が不安な方は数秘術占いなども合わせて検討してみてください。

転職する時に参考にしよう

転職して新しい仕事に就く時には、見通しの立たないことが非常に多いため、占いを活用して少しでも安心したいという心理が働く人が多いです。そのため、数秘術占いや西洋占星術占いなどで、しっかりととサポートすることによって、相談者は十分に安心して自分の道を歩んでいけます。

もちろん、占いだけで全てを安心させるのはむやみに期待させてしまうことになるので避けたほうが良いですが、仕事の方向性や自分に向いている立ち位置などを事前に把握することによって、仕事場の人間関係トラブルや業務においての失敗を最小限に抑えられるでしょう。

転職するときも就職するときも、新しい環境でわからないことが多い時は、その不安で実力を発揮できなくなる人が多いため、少しでも実力を発揮できるようサポートするのが数秘術占い師の責務でもあります。

数秘術をする時の基本

数秘術で自分自身の本質を知るためには、まずは生年月日と氏名が必要です。転職先企業の生まれたときと会社名を元にして相性占いをしたり、現場にいる上司や先輩、同僚の生年月日を把握してそれぞれの相性を見るというのも一つの方法です。

同じ職場でそれぞれの生年月日を教え合うのはなかなかないことですが、誕生日や年齢がわかればだいたいの情報はわかるので相性占いの分析も可能です。数秘術では必ず必要になる情報があるため、占いや分析をする前にしっかり情報収集しておきましょう。

同じ部署の人との相性もチェック

転職や就職してから、最も関係が強いと思われる同じ部署の人間との関係は、十分に把握しておく必要があります。同僚の性質や性格、向き不向きなどは特に把握できたほうが、仕事がスムーズに進むようになるので、数秘術だけでなく西洋占星術なども参考にして相性をみておきましょう

どうしようもなく相性の悪い人がいた場合は、占い結果からなんとかできる可能性は低いですが、努力次第で改善できるものであれば、言葉遣いや報告、相談の仕方次第でトラブルを予防できるので、こうした占いは仕事の成功に欠かせないものです。

これは会社だけでなく、学校や教育機関でも同じことなので、同じ学年の先生同士でお互いのことを少しでも把握することによって、良好な関係を築けるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加